魏志倭人伝 卑弥呼 古事記 日本書記 万葉集 甲骨文字 以音 五経基軸文法による解読

漢文史記は五経文法が採用されています、この五経文法は殷時代の甲骨文字(漢字変換)でも採用されており、古代中国は唐時代の末期で消滅、日本では奈良時代(西暦720年)頃で消滅して現在に至っています、この漢文史記を一字一句解読したブログになります。

邪馬壹(臺)国と三角縁神獣鏡の関係

魏志倭人伝 狗奴國連合の三角縁神獣鏡

神獣鏡の解読 Ⅲ 赤烏元年五月廿五日丙午造作明竟百錬清銅 服者君候宣子孫寿万年 <注釈 > 狗奴國連合(伊邪那岐、須(素)佐能袁命)魏志倭人伝の記述に名前の一字で記述されています。 官有(伊=イザナギ)支馬の馬術 一番最初の記述は遠まわしの記述、有…

魏志倭人伝 景初四年五月=実在しない年号の三角縁神獣鏡

神獣鏡の解読 Ⅱ 景初四年五月丙午之日陳是作鏡吏人△之位至三公母人△之保子宜孫寿如金石兮 景初四年五月丙午之日陳是作鏡吏人銘之位至三公母人銘之保子宜孫寿如金石兮 <注釈 > 景初四年五月=実在しない年号について、邪馬壹國は自衛防衛状態にあり、戦闘の…

魏志倭人伝 卑弥呼女王の死(其死有棺無槨 封土作冢 始死停喪十餘日)と三角縁神獣鏡について

景初三年陳是作鏡自有経述本是京師杜□□出吏人□□□(位)□(至)三公母人?之保子宜孫寿如金石 景初三年陳是作鏡自有経述本是京師杜地命出吏人銘之位至三公母人銘之保子宜孫寿如金石 最悪は「陳是作鏡」陳是が個人名、鏡を作った師=職人だと解釈する学者、研…

魏志倭人伝の前文として解読。 東夷伝 周・漢時代の倭人・倭國の中国史記 三角縁神獣鏡 

周時天下太平 越裳獻白雉 倭人貢鬯草 食白雉服鬯草 不能除凶 <仮説注釈> 周の都、洛陽に朝貢するには帆走船が不可欠で400名と朝貢の献上品を含めると5艘(そう)が必要と思われる。 現在に於いても、韓国、北朝鮮を経由して通過するには多くの問題が上げれ…