魏志倭人伝 卑弥呼 古事記 日本書記 万葉集 甲骨文字 以音 五経基軸文法による解読

漢文史記は五経文法が採用されています、この五経文法は殷時代の甲骨文字(漢字変換)でも採用されており、古代中国は唐時代の末期で消滅、日本では奈良時代(西暦720年)頃で消滅して現在に至っています、この漢文史記を一字一句解読したブログになります。

隅田八幡神社人物画像鏡

隅田八幡神社人物画像鏡 刻印文字 記述の漢文(借字)特殊文法

隅田八幡神社人物画像鏡 漢文史記の表音(音読み)文字(借字)が狭義の当て字に当てての解読となる。 「癸未年八月日十大王年男弟王在意柴沙加宮時斯麻念長寿遣開中費直穢人今州利二人等取白上同二百旱作此竟」 西暦563年(癸未年) 欽明天皇 諡号、天国排…