魏志倭人伝 卑弥呼 古事記 日本書記 万葉集 甲骨文字 以音 五経基軸文法による解読

漢文史記は五経文法が採用されています、この五経文法は殷時代の甲骨文字(漢字変換)でも採用されており、古代中国は唐時代の末期で消滅、日本では奈良時代(西暦720年)頃で消滅して現在に至っています、この漢文史記を一字一句解読したブログになります。

2019-07-15から1日間の記事一覧

16 魏志倭人伝 邪馬壹(臺)國、徒跣(借字)=とせん=徒專(仕官の道を学ぶ所=学校、卑弥呼女王の設立)教育文化の真実解読、通説の虚偽誤訳の大罪 Ⅱ

吉野ヶ里遺跡の出土品の中から見つかった弥生時代中期の硯と研石とみられる石板。 魏志倭人伝、漢文特殊文法の解読 倭地温暖 冬夏食生菜 皆徒跣 有屋室 父母兄弟卧息異處 以朱丹塗其身體 如中國用粉也食飲用籩豆手食 倭國の地は温暖である、冬夏に関わらず生…

13 魏志倭人伝 邪馬壹(臺)國の農耕文化(稲作、害獣駆除の光景)真実解読、通説の虚偽誤訳の大罪 Ⅰ

古代史記は魏志倭人伝も含め表音文字(借字)文法 漢文史記には漢文特殊文法が採用されています、この漢字特殊文法は殷時代の甲骨文字(漢字変換)でも採用されており、古代中国は唐時代の末期で消滅、日本では奈良時代(西暦720年)頃で消滅して現在に至っ…